樫の木薬局

私たちは、山形市内に展開する調剤薬局です。


  HOME 会社概要 店舗案内 求人情報 樫の木便り  

お役立ち情報

タグ:ノロウイルス感染症

ノロウイルス感染症

全国各地でノロウィルスの集団感染が発生し始めているようです。

ノロウィルスは例年11月から1月にかけて感染者が増え始め、幼児や高齢者がかかると重病化する恐れもあります。また、新型ウィルスが流行の兆しを見せているため、今年はさらに注意が必要です。

 

ノロウイルスとは?

ノロウイルスは、乳幼児から高齢者にいたる幅広い年齢層の急性胃腸炎の病原ウイルスです。

特に秋から春先にかけて流行します。ノロウイルスは非常に感染力が強く、少量のウイルスでも人に感染し発病します。

 

ノロウイルスの感染経路

排泄物や嘔吐物に含まれるウイルスは、接触感染だけでなく、空気中にも舞い上がり、空気感染もします。

 ・ノロウイルス感染者の吐物・便中にウイルスが含まれています。その為、ウイルスが手などについて口から感染する場合や、嘔吐時には広範囲に吐物が         飛び散るため、手指などを介して感染する場合があります。

 ・食品取扱者の手を介してウイルスが食品につき、それを食べて感染することがあります。

 ・生や中心部の加熱が不十分な牡蠣など、二枚貝を生で食べることによって感染します。

 

二次感染の予防法

・吐物等の拭き取り、汚染された衣類等の片づけの祭には、ビニール手袋らマスク等を用いて直接の接触を防ぐ。

・吐物等の拭き取りに使用したペーパータオル等や汚染された衣類等は、衛生的に破棄するか、捨てられないものは塩素系漂白剤または熱湯でつけ置き洗いする。

・吐物のあった床等は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm:市販の塩素系漂白剤の塩素濃度は5~6%なので250倍に希釈)で浸すようにふき取る。(塩素ガスの発生に注意)

・嘔吐物等を処理した場合は、必ず十分な手洗いとうがいを行う。

 

詳しい情報を知りたい方は、厚生労働省ホームページ「ノロウイルスに関するQ&A」をご覧ください。